【ゲイのための旅行ガイド】メキシコ近郊(テオティワカン・クエルナバカ・タスコ)

ゲイ×脱毛夏までにカラダの毛キレイにしておかない?

前回はメキシコシティをご案内しましたが、今回はメキシコシティ近郊に存在する素晴らしい場所をご紹介します。

メキシコシティ近郊といっても本当に楽しく陽気なところが沢山あります。 その中でも今回はスケールの大きなテオティワカン ピラミッド、世界の奇跡の一つとして有名なグアダルーペ寺院、多くの日本人が日本から永住しにきてしまうくらい素晴らしい町クエルナバカ、買い物好きには、たまらない銀の町タスコをご案内します。

グアダルーペ寺院

世界3大奇跡の1つとして公認された聖地 グアダルーペ寺院。

その奇跡とは1531年12月9日、少年フアン ディエゴの父親が病気であった。 少年フアンがテペヤックの丘を歩いていた時に、目の前に光り輝く褐色の女神マリア様が現れ、『私は神の子の母なる聖母である。この地に私の教会堂を建てるよう、司祭のもとへ伝えよ』と言ったのです。

少年フアンはすぐに司祭のもとへ走り伝えたのですが信じてもらえず、落胆するディエゴは結局またテペヤックの丘へ戻ったのです。

そこに又聖母マリア様が現れ、12月には咲かないバラを証拠として司祭へ持っていくよう話し、バラを包んだマントを持って少年フアンはまた司祭のもとへ再び走ったのです。

丁度その頃フアンの父親のもとに聖母マリア様が現れ病気を治したといわれております。 司祭のもとへ着いた少年フアンがバラを見せようとマントを開いた瞬間、金色の光と共にマントの上に褐色の聖母が浮かびあがったのです。

その司祭は早速テペヤックの丘に聖母を祭った寺院を作りました。
これが現在のグアダルーペ寺院なのです。このマントは今でも寺院内に展示されており 多くの願いをかなえ続けているといわれています。

テオティワカンピラミッド(謎に包まれた神々の都市)

メキシコシティに来てここを訪れない人はいないくらい有名なテオティワカンピラミッド。

ユネスコ世界遺産でもありわずか市内から1時間弱で行けます。 太陽と月の二つの大きなピラミッドがあり、筆者自身初めて目にした時にはそのスケールの大きさにビックリしたものです。こんな近郊にしかもこんな凄いものがあったのかと…。

ピラミッドの頂上に初めて登り、更にその規模の大きさと古代人の文明の高さを 実感させられる事になるのです。目の前に広がる360度の景観は一種別世界に迷い込んだ錯覚に陥り、世界の大きさ、人間の凄さを実感させてくれます。

ここテオティワカンはテオティワカン人が建造した当時には約20万人近い人口が住んでいたのではと推測されています。そして、未だに彼らが一体どこから来て何処へ消えていってしまったのかは謎のままです。

クエルナバカ

別荘地として有名なクエルナバカは平均温度20℃と、とても心地よい気候の場所。 メキシコシティから車で約1時間程に位置するので日帰りも可能なのです。

まずクエルナバカに着くと、その多くの木々や花の色が印象に残ります。 オレンジ、赤、黄色、どれもが鮮やかで派手!

カテドラルに行くと、驚きと不思議な気持ちが一体?!何故かクエルナバカのカテドラル内には太閤様とかかれた壁画があります。

実は1959年豊富秀吉によって処刑された外国人宣教師と日本人カトリック教徒らの、 日本26聖人を題材にしたものなのです。

理由は未だ詳しい事は分かりませんが、日本でもニュースになりました。 ここクエルナバカは日本からも多くの人が永住希望で来るくらい気候が良いところです。

メキシコ人のお金持ちもここに別荘を持ち、週末はメキシコシティから来た人達で賑わう町でもあります。

タスコ

銀の町タスコ。
町に到着するとまず、石畳の道とコロニアル建築の美しさが印象的です。 メキシコシティからも日帰りで行けるところですが、銀製品や小物等の買い物が大好き 方は1泊しても足りないくらいの場所です。

また、夜のコロニアル、カンテラの灯る夕暮れ時がとてもロマンチックな町に豹変します。

18世紀のコロニアル建設の町タスコ。中でもサンタプリスカ教会の建物が美しく、 町を探索するだけでも飽きない町です。

早速、銀細工を探しに行こうと町へ出ると、銀の店がものすごく多い!! ここタスコは、1743年フランスから来た鉱夫ボルダが大銀鉱脈を発見してから銀の 歴史が始まります。

町の規模は一気に大きくなり、一躍大富豪となったボルダも財産を 惜しみなくつかい、町に寺院や庭園を次から次ぎへと建てていきました。

クエルナバカにもその庭園があるくらいです。現在では石畳の道とコロニアル建築、銀製品が有名で、買物好きな方は絶対に気に入ってしまう町です。

色々な銀製品の模様があり、かわいいのから面白い模様、ゴージャスな物と本当に一日回り尽くしても足りないくらいです。

レストランもタスコの町を一望できるところがあり、一見の価値ありです!

今回はメキシコ近郊をご案内いたしました。次回は、世界に誇れる様々なメキシコのリゾート地のひとつ、プエルトバジャルタをご紹介します。

メキシコについてのお問い合わせ

メキシコや旅行についてのご質問・ご相談等は以下のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。

MEXICO KANKO S.A.DE.C.V. (担当:宮良)

この記事を書いた人

メキシコ観光パートナー企業

宮良 高雄

見た目は日本人、国籍はメキシコ人。メキシコで生まれ、幼少時、日本に9年間住み、現在はメキシコに在住。奥が深いメキシコを少しでも多くの方に知ってもらいたく、日本とメキシコの架け橋になることを目標に日々頑張っています。是非メキシコにいらしてください!きっとイメージが変わることでしょう。

ぜひゲイ友達にもシェアしましょう

twitterフォローで最新情報をお知らせ

Twitterで最新情報をお知らせ