SOGI(ソギ)とは、どういう意味?

ゲイ×脱毛夏までにカラダの毛キレイにしておかない?

「LGBT」の文字をテレビや雑誌でもよく目にするようになりましたが、ここ最近では、SOGI(ソギ)という言葉が登場しています。

SOGIの意味

まだ聞き慣れていない人も多いと思いますが、SOGIとは、Sexual OrientationとGender Identityの頭文字をとったもので、「性的指向」と「性自認」を意味しています。

これまでのLGBTをはじめ、LGBTQ、LGBTsなどは、L・G・Bは「性的指向」、T(トランスジェンダー)は「性自認」のマイノリティーを表していました。

LGBTとの違い

皆さんはこんな経験はありませんか?
ゲイに対して理解や知識がない人から「ゲイは女の子の気持ちを持っている」や「本当は女の子として生まれたかったんでしょ?」と言われたことはないでしょうか?

これは「性的指向」と「性自認」がごっちゃになっている人が多いこと原因と思われます。

LGBTは、今でこそ性や人の多様性を総称する言葉として使われることも多くなりましたが、そもそもはセクシャルマイノリティー(性的少数者)を表す言葉として使われています。

一方で、SOGIは、性的少数者・多数者の区分けはなく、ヘテロセクシャルやLGBTといった分類にカテゴライズをしていません。

あくまでも、人々それぞれに、それぞれの「性的指向」と「性自認」があるとし、一人一人違うのが当たり前であることが前提とされています。

まとめ

メディアでもLGBTについてよく取り上げられるようになりましたが、一言でLGBTと言っても、一人一人違う人であり、全くと言って同じ人はいません。

性的少数者としてまとめられていますが、性的指向や性自認は、LGBTの中でも様々であって、本当は定型的には説明ができないことだと思います。

ただ、LGBTという言葉が社会に浸透したことで、プラスに変わったことや社会が変わろうとしていることは大きな成果であるとも思います。

今後、より性をはじめ、人の多様性を認め受け入れていくためには、LGBTを超えたSOGIの考えも必要になってくるのだと思います。

この記事を書いた人

くつロギー

ゲイティーの創設者で、普段はWEBサービスの企画やコンサルティングの仕事をしながら、コツコツとゲイティーを運営している20代アラサーゲイです。

ぜひゲイ友達にもシェアしましょう

twitterフォローで最新情報をお知らせ

Twitterで最新情報をお知らせ