【ゲイの老後資金】リバースモーゲージローンの活用方法・メリットとデメリット

補聴器みんなにフレンドリーな補聴器専門店「にじいろ補聴器」

リバースモーゲージローンとは、住宅を担保に生活費を融資してもらうことができる商品です。家を担保とするため、マンションや一戸建てを購入し所有している人が対象となる金融商品です。

これまで日本では、家は子供に継ぐものという文化が強くあり、リバースモーゲージがあまり普及していませんが、近年では核家族化も進み、少しずつ注目され始めています。

メリット

ゲイをはじめ、LGBTの多くの方は、子供がいなく、家や金融資産などの遺産を相続する必要性があまりないことが想定されることから、リバースモーゲージを使って老後の生活資金を確保するということは一つの選択肢かもしれません。

借入期間中は、その家に住み続けることができる点がメリットとされています。

返済方法は、亡くなった後に、自宅の売却で借りたお金を返済したり、金融資産や死亡保険金で返済することができます。

デメリット

一方で、日本は一戸建てもマンションも、新築の文化が根強いため、不動産の評価において、建物の価値があまり認められず、担保価値が土地のみで評価される場合が多いです。

つまり、想定より担保価値が付かず希望する金額を借りれない場合もあるということです。

また、不動産の売却で返済する場合、返済時の担保物件の売却価値が借入額を下回る場合(担保割れ)は、相続人や連帯保証人に債権が渡ることとなります。

まとめ

リバースモーゲージだけで、老後の資金を賄うことは難しいですが、なかなかモデルケースが表に出てこないゲイやLGBTの老後の生活を考えたときに、リバースモーゲージは一つの手段として考えられる商品かもしれません。

この記事を書いた人

くつロギー

ゲイティーの創設者で、普段はWEBサービスの企画やコンサルティングの仕事をしながら、コツコツとゲイティーを運営している20代アラサーゲイです。

ぜひゲイ友達にもシェアしましょう

twitterフォローで最新情報をお知らせ

Twitterで最新情報をお知らせ